FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.31 昇格!
微妙に今更だが、
祝!『戦国BASARA2 英雄外伝』小十郎PC化!!
小十郎に惚れて早3年!
ついにこの時が来ました!

この情報を知ったのは『電撃マ王』5月号なのだが、冗談抜きでちょっと涙が出た。
本を持つ手が震えた。
その後、自分の本気さに眩暈がした。

やっと…やっと小十郎が使える。
『天下人』でも操作出来たと言えば出来たが、やっぱり直接PCとして使うのとは違うからな。
今から予約したい気分だ。
生きてて良かった。
小十郎ファンやってて良かった(いや、ファンは違うな)。

ちなみに、『マ王』はもちろん連載中のBASARA漫画版目当てで買った。
本屋で平積みになっている『マ王』を見て、政宗と小十郎が描いてあるだけなのにものすごく恥ずかしくなったのは私だけだろうか。
いっそ近くにあったギャルゲー雑誌をレジに持っていく方が平静を保てるような気さえした。
変な意識しすぎ。
だって政宗が小十郎とおそろいの方の衣装だったから余計に(以下略)。

そして新作の記事も漫画も小十郎がてんこ盛り。
死ぬほどガッカリした先月の顔も出ない登場シーンが嘘のようだ。
もう萌えすぎて同人誌かと思った(何)。
だって小十郎平手打ちなのに政宗拳骨だぜ?
小十郎の鼻血なんて貴重なものそう見られるものじゃないよ。
2人とも本気過ぎて冷静でなんていられない。
この作品がコミックスになったら間違いなく買っていることだろう。
灰原先生天才。

『マ王』5月号は小十郎好きマストバイ、です。

あと、ゲーム記事中のアニメ絵が気になる。
またOPにアニメバージョンとかあるのだろうか。
スポンサーサイト
2007.01.29 BASARA2関連
ようやっとBASARA2ドラマCD(姉川)を聴けた。
…何ですか、あれ…。
なんかもう鼻血出るかと思った。
まずジャケットの小十郎と政宗にときめきを覚えた、とかいうのは先日も書いたが、ブックレットの中身にも驚愕。
何にって、音響プロデューサーのコメントに。
「小十郎の政宗に対する心情」「小十郎の想いを受けとめた政宗」…って、受け止めちゃったの!?
あ、「心情」ね…「感情」かと思ってしまった。
どちらにせよ、通じ合っていることには変わりないんだけど、穿ちすぎでもなんでもなく。
ああも当たり前に認められると、嬉しいと言うより恥ずかしくなるのだと分かった(笑)。
そういえば『天下人』の政宗の小十郎大好きっぷりにも同じような気分になったっけ。
恵まれ過ぎも考え物、とか。

ドラマの内容にも、やはり驚愕。
か、過去話…!
政宗の初陣って!(政宗の声が若っ!)
まさか公式で披露されるとは思っていなかった。
確かに、妄想の余地は少々狭まるものの、それ以上の収穫か。
本当、やってくれます。

お市と政宗が接触するのは意外と言えば意外。
しかも長政様が…!
彼等にはもう少し救いが欲しかったかもしれない。

そして信長は唸りすぎだ。
何もあんなに唸らなくても。
もう魔王なんだか何なんだか。
無双といいBASARAといい、何故信長はすっと喋れないのか(笑)
謎。

あと、光秀キモすぎ!(褒め言葉)
声だけなのに明らかにド変態だ。
すごいな、明智光秀。

明らかに次に続くので、購入を検討中。
まあ、ほとんど意思は決まっているのだが。

次は電撃マ王の連載。
伊達軍の公式ストーリーということだが。
特筆すべきは農作業中の小十郎でしょうよ。
さ、作務衣!?
「農作業中は作務衣」は公式設定でよろしいんですね!?(落ち着け)
いや、予告漫画では手と影だけだったから。

話にあまり絡んでこなかったが、それはこれからに思いっ切り期待。
2006.08.22 ドラマCD
皇国原作2巻を読み終わったので、BASARA2ドラマCDと格闘。

皇国は感想を書けるほど消化できてないので、割愛。
怒涛と言えば怒涛の展開。
哀しいことも色々あったけど。
と言うか、笹嶋って可愛いよな…(おっさんなのに!)。
羽鳥早く漫画にも出てこないかな…(眼鏡!眼鏡!)。
子供の頃とか、幼年学校時代の新城も見たいな…(小さい千早も!)。
…って、結構書いてるし。


気を取り直してドラマCD。
本当に、何年ぶりだよ、というくらい久々にドラマCDなんか聴いた。
1時間以上聴覚のみを使うというのが勿体無くて、だから滅多に聴かない。
今回も結局何だかんだやりながら聴いていた。
ので、伊達軍以外は面白い場面を除いて集中してなかった(最悪)。

以下、おぼろげな記憶と走り書きメモを元に感想(箇条書き)。
と言うか、自分用メモ。

2006.08.17 7位!
BASARA2公式サイトに行ってみたら、人気投票の結果が発表されていた。

小十郎が7位!

NPCなのに7位。
すっごいな小十郎。
さすが小十郎。
私が見込んだ男だけある(違)。
もうこうなったら、いっそ政宗とワンツーフィニッシュなんてどうですか。
…いや、夢じゃない気がしてきた。

ウーラン小十郎!(混ざってる混ざってる)

2006.08.06 10000超え
久々、今日のBASARA2

蘭丸で天下統一モードプレイ中。

その途中、ケンカ祭りでありえない10565hit!
これまでコンボ数の上位10位まで全部政宗だったのに、いきなり更新してしまった。
この数字、エセゲーマーの私にはもはや奇跡。
もう塗替えられないと思う。
記録自体は嬉しいが、政宗使いを目指す私はどうせなら政宗で出したかったとか思ったり。

そしてまた中断を余儀なくされた。
早くモデルチェンジ蘭丸出したい。
蘭丸は意外と正当派だと思う(笑)。

ちなみに、元親の衣装を変える時には、防具はカリブ(狩武)を装備。
たとえ防御力が低くなっても、あの妙な満足感には代えられない。
今にも「Yoーhoー!」とか言ってしまいそうなあの姿。
部下はすでに言ってるけどね(笑)。
2006.08.02 電撃マ王
買い逃していた『電撃マ王』8月号を入手。
BASARA2の別冊付録が付いていたので気になってはいたが、結局チェックできなかったので今頃。

別冊の内容は、BASARA2の紹介、真田軍のコミックと4コマ。
想像以上に良かった。

コミックは特に何か決着が付くと言うわけでもなく、ゲームへの導入のような内容だったけど、これは性質上仕方ない。
描いていらしたのは存じ上げない方だが、作画はかなり好みの絵だったし、それを抜きにしても勢いがあっていい。
そういう点ではASUKAの別冊よりBASARAらしいと思う。
(個人的には好きだけど湯キリコさんは良くも悪くも同人っぽさが強いので)
余談だが、この人の描かれる佐助の口元が好きです。

4コマは(言い方は悪いが)それなりに面白く。
小十郎が小力だったのには切なさ無限大だったけどね…。

あと、巻末インタヴューでプロデューサーに「片倉小十郎ってマイナーな武将ですよね(笑)」って言われてるのも。
マイナーって…マイナーって…。
上等だコラァ!俺ん中じゃメジャーだ!
なんてな…知ってる…知ってるから…。
そんなことプロデューサーがおっしゃいなさんな。
と言うか、「(笑)」って何ですか。
切なさ乱れ打ち。

今月号も買ってみるかな。
それとも9月発売のコミックスを待つか。
アンソロ類は買う気あんまりないんだけどな…。
2006.07.30 新事実!
今日のBASARA2(ネタバレありで感想)

たった今、まつのストーリーモードクリア。
実は全くと言っていいほど何も期待していなかったのだが、想像以上の収穫が。
前作に引き続きOP、EDは無声。
でも、ストーリーがあることでより面白くなったような。
プレイ中ずっとすっとぼけたことばかり言っている2人が馬鹿々々しさ通り越して微笑ましいくらい。
巻き込まれている人達は可哀想だけど。
特にかすがとか。
死に際の言葉が哀れを誘う。
いやいや、違うだろ!とツッコまないではいられない。

でも、元親には歓迎されてたなあ。
みんな飢えてるんだね、愛情のこもった手料理に。

その点、伊達軍は大丈夫だよね!
小十郎が込め過ぎなくらい愛情込めた野菜があるから!

いやあ、笑えた。
まさかまつが狙っていたのが小十郎の育てた野菜だったとは。
これは何だ、あれか?
昔政宗が野菜嫌いだったとか、だから小十郎手ずから美味い野菜を食べさせようとしたとか、そういうことですか?
人参が嫌いだと言う利家に怒ってたから、少なくとも今は好きなんだろうけど。

それにしても、あの政宗の言葉にはびっくりしすぎて、一瞬萌えることも忘れそうになった。
ある意味遠回しに身内自慢じゃないか。
まあ、小十郎も自分の育てた野菜には自信があるみたいだったけど、野菜栽培にどれだけ力入れてるのよ、あなた。
怖い主従だよ、まったく(笑)。

野菜をお互いにたとえて褒め合う前田夫妻もげんなりするほどバカップルだけど、負けてないと思う。

あと、小十郎は牛蒡が好きって…ちいとばかし地味だ(笑)。

まさか、まつでプレイしてこんな面白いことが分かるなんて、思ってもみなかった。
やっぱり前作より20倍は楽しいな(笑)。
今日のBASARA2

長曾我部元親でストーリーモードクリア。
例によって「難しい」でプレイしたのだが、さすがにアイテム所持して武器も購入しているだけあって、最初の政宗よりはかなり楽。
ゲームオーバーになったのは最終章で小十郎撃破の直後だけ(いや、死んでるんじゃん)。
今回初めて闘ったけど、竜の右目、あんた強いぜ。

あのMAGUNUM STEPな突き攻撃がガードも回避も間に合わなくて体力削られまくり。
四縛でぶら下げながら攻撃とかしてみたり(ボス格相手に使うなよ)。
ところが、ようやく倒して門を越えた途端に油断して、雑兵と火炎放射にダウン…という情けないことに。
あの苦労は何だったんだのか。
2回目は意外にすんなり行ったけど。

それにしても、小十郎の「あばよ」には度肝を抜かれた。
あの台詞が言えるのはKOFの京さんとY沢S吾くらいだと思ってた(笑)。
しかも、政宗と一緒に再登場した時、2人がとんでもない所にいるのに気付いて思わず写メ。
本当にネタに事欠かない主従だよ。

ちなみに、「竜の右目」っていう呼び方、かなりツボ。
元親も分かってるね!
政宗と気が合うとか言ってたし、他の章と違って財宝とか関係なく楽しそうだった。
政宗と元親の違いは信頼出来る部下がいるかいないか、だ(失礼な)。

そういえば敵方に回ったからだろうけど、小十郎が新しいキレ方をしていた。
やっぱり部下に怯えられてた。
怖いよ!小十郎さん!(笑)

これで出現した武将は、蘭丸、佐助、まつ、半兵衛、元就に(多分)。
まだまだ先は長いな…。

引き続きBASARA2をプレイ。
宣言通りかれこれ30時間以上眠っていない愚か者がここに一人。

その割には妹が慶次や佐助でプレイしていたせいで、私はあまり進んでいないのだが。

以下ネタバレありで感想。

とうとう発売BASARA2!
ネット予約してあった私は本日宅配にての受け取り。
届くまで心ここにあらず。
そわそわしている姿を誰にも見られないで良かった。
でも、届にきた宅配業者のお兄さんが「代引きです、Sガから」と言いながら薄笑いだったのが非常に気になる。

そんなこんなで段ボールを開けて見る。

来たー!政宗来たー!!

無双2の特典メモパッドと言い、今回のジャケットと言い、私の伊達主従への執念のなせるワザか。
ただ、ストラップは真田…。
私の執念もここまでか…!
結局、真田好きな妹の元へ嫁いで行きました。

そのすぐ後、Cプコンから届いたジャケットは竹中半兵衛。
半兵衛のために地元で予約しようか迷った挙句、前田家の椀をもらおうと思ってカPコンでネット予約して良かった。
結果的に欲しかったジャケットは両方入手出来たので。
ちなみにこっちはストラップに間に合わず。
もう少し早く決断すれば良かった…と後悔。

あ、気のせいではないです。
何がって、ウチにBASARA2が2本あること。
ツッコまないでください…頭悪いのは自分が一番分かってますから。

開き直ってプレイ感想。
今日はこれから夜勤なので仕方なく中途半端に中断してしまった上、ネタバレかもしれないのでご注意。
あえてここで一言言うなら「小十郎が最愛の私には前作の20倍くらい楽しい」ということですか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。