FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.31 大晦日
いよいよ今年も今日で終わり。
やり残したことは山ほどあるが、年賀状は出せた。
おそらく明日には届かないだろうが(駄目駄目)。
しかし、今日も明日もバイトな私には大した実感もなく。

元日0時からのバイトも今年で3年連続。
いい加減うんざりしないでもないが、これも運命か。
何故かシフトは毎年同じで今日もこれから夜勤に備えて仮眠な訳で。
年越しそばも3年連続でなしになった訳で。

それでは皆様良いお年を。

スポンサーサイト
2006.12.30 『風林火山』
井上靖の『風林火山』読了。

井上作品は初めて読んだので他の作品にも共通するのかどうか分からないのだが、少し不思議な読後感。
正直私は武田軍について詳しい訳でもないし、武田軍についての歴史小説を読んだのも初めて。
伊達軍なら多少読んだのだが、なんとなく受ける感じが違った。
多分、徹底的な勘助主観が理由なのではないかと思う。
それに加えて、合戦の経緯よりも勘助の心理を追うことに視点を向けている(端的に言えば合戦への比重が小さい)気がした。

川中島をもっとも重要な合戦に位置付けているのに、信玄と謙信の邂逅がないことや、由布姫が重要な位置を占めていることもそう思う原因かもしれない。

あとは、当たり前だが信玄たちが若い!
まだ晴信と景虎の頃から始まるからなあ。
大河の景虎はGacktさんだけど、18歳(!)の役をやるのだろうか…どんな景虎になるのか気になる。
来年の大河がますます楽しみになってきた。
2006.12.29 ブリトラ
何故か急にブリトラのブームが来た。
皆様ご存じ(ある意味)伝説の2人ユニット、ブリーフ&トランクスの大波が。

とは言うものの、私と妹の極局地的なブームなのだが。

いきなり妹が「久しぶりに聴きたい」と言い出したため、先日、本と一緒にベスト盤を注文しておいた。
一度聴き始めたら、なんてくだらないんだと思いながらも何度も聴いてしまう。
さすがにベスト盤だけあって、知っている曲が多い。
しかも妙にキャッチーな曲ばかりなのがいけない。
どうしても頭に残ってしまう。

しかも『さなだ虫』とかタイムリーすぎだし(猫のサナダムシ駆除をしたばかり)。
大好きだけど(笑)。
他には『ろうそく』もあの不謹慎さがたまらない。
今回のベスト以外はシングルの有名な曲しか聴いたことがないけど、ブリトラの曲は、良いこと言ってると思った次の瞬間に台無しになるあの脱力感が最高にいいと思う。

でも一つ欲を言えば『権力ハニー』も収録して欲しかった。
哀れな姿が目に浮かぶようなあの曲もかなり好き。

解散の理由が病気だと小耳に挟んだけれど、もっと活躍して欲しかったと密かに思ったのは私だけではないはずだ。
2006.12.27 寒中水泳?
猫の隕鉄が風呂の浴槽に落ちた。

母の話では、がたん!と風呂場で音がしたので行って見たところ、物凄い勢いで隕鉄が飛び出してきたという。
我が家の浴槽の蓋は経年劣化のため二つに割れているのだが、蓋の上で動いているうちにずれて隙間に落ちた模様。
すぐに新しい蓋に替えたことは言うまでもない。

まったくあの猫は何度我々を驚愕させれば気が済むのか。
何にせよ、おぼれなくて本当に良かった。
2006.12.27 漫画など
年の瀬も押し迫ってまいりました。
未だに年賀状に手も付けていない植村です。
なんだか諸々の問題に一段落ついた感じです。
という訳で注文した、以前から気になっていた本(主に漫画)が一気に届きました。

届いたのは、山田芳裕『へうげもの』1~3巻、三輪士郎『DOGS』、同じく『DOGS BULLETS&CARNAGE』、『咎犬の血』1巻(オフィシャルコミック)、井上靖『風林火山』、『戦国BASARA2名語録』の8冊。
よくもまあこんな見事にバラバラの本を注文したものだ、と我が事ながら薄ら笑い。
でも、よく考えると半分以上が戦国モノだったりでさらに笑えたりして(もちろん自嘲)。

『へうげもの』は古田織部が主人公だということで一度読んで見たいと思っていた漫画。
名前と数奇者だったこと以外は知らないが、物欲まみれの主人公ってどうよ、と。
それとピアスをした信長が見たかった(笑)。
どこかのレビューで「変な絵」と失礼極まりない評をされていたが、個人的には嫌いではない。
確かに独特ではあるが。

内容は純粋に面白かったと思う。
領地でも名誉でもなく、ブツに執着する左介(織部)は新しい武将の姿だ。
そんな武将は普通スポット当てられない、というより、当てられてももっと美化されるよな、ゲームやジュブナイル作品は(笑)。
珍しいのも無理はあるまい。

3巻の時点で本能寺、山崎まで進んでいる話も、解釈が面白い。
ややもすればありがちと言うか、ドラマ化された例の『棺』にも近いような気がするけれども(読んでいないので詳しくは知らない)、ドラマをチラ見した限りは『へうげもの』の方が興味をそそられる。
あの作品のファンがどの程度納得しているか測りかねるが、あのドラマでは原作を読みたいとは思わない。

余談だが、『棺』は歴史小説みたいな扱いをされてはいけないと思う。
本能寺の新解釈という内容は喧伝されていたように記憶しているが、むしろ一昔前によくあったif小説として紹介するのが順当では。
正統な歴史小説だと勘違いする私のような人間を減らすためにも(いないいない)。

閑話休題。
もうすぐ4巻も出るらしいし、続きも読みたい。

『DOGS』はUJで(皇国以外で)珍しく気になっていた作品。
設定が引き継がれているということなので、短編集と連載中の両方を買う。
連載の1巻はまだまだ序盤という印象。
短編集の方が一つの世界として完結している感が強いかもしれない。
絵もスタイリッシュ(あえての表現)で、まあ、『へうげもの』とは対極のタイプ。
これからに期待。

『咎犬の血』は公式コミック。
ゲームはプレイしたことがないが、気にはなっていたので。
コミック版にはBL的なシーンがないということで購入に踏み切った次第。
逆にあったら多分買っていないだろうと思う。
これもまだまだ序盤という印象。
ゲーム未プレイの人間には、やや不親切設計な気がする。
これからに期待。

『風林火山』は言うまでもなく来年の大河の原作。
予習のために(笑)。
今年は個人的に失望感にうちひしがれた大河だったので、来年には期待を抱いてしまう。
どうか面白くなりますように。
これから読み始めるが、そう願わずにはいられない。

最後、BASARA2セリフ集。
ざっと目を通したが、言いたいことが山のように出て来てしまい、キリがないのでまた別の機会に。

久々に一気にたくさん漫画を読んだ気がする。
そして、また駄目な人間に一歩近付いた気がするのは気のせいだと思いたい。
2006.12.26 家猫らしく。
最近ようやく猫ベッドで寝ることを覚えた隕鉄。
今も猫ベッドで眠っている。
がしかし、必ずと言っていいほどベッドの隅で寝るので、いつもどこかがはみ出ている。
何かに寄り添っているのが好きらしいが、あまりベッドの意味がないような…。
うまくいかないものだ。

まったく関係ないが、『おおきく振りかぶって』のアニメ化が決定した。
大好きな作品だけに複雑な気分。
同じアフタヌーン連載中『蟲師』のアニメの出来は良かったが、今度もそううまく行くとは限らない。
見てがっかりしないと良いのだが。

くれぐれも原作を大切にしてくれることを切に願う。

来春、ついに『アレ国志』コミックス発売決定!

「バショクショック!同盟」様と末弘先生のブログで見て狂喜乱舞。
色々企画も考えられているようで楽しみだ。
読者が引くくらいの企画って、一体どんな企画…?
ああ、春が待ち遠しい!

ということは、あとは『殿といっしょ』のコミックス化を待つだけということだな。
お願いします、メディアファクトリー様。

そういえば。
フルカラー版(アンケート送信後)の政宗の服装に度肝を抜かれました。
色キチ…!
でも、あの政宗ならアリかもしれない。
眼帯!眼帯!

つい先ほど、とあるランキングサイトを見た時に目に飛び込んできた見出し。

ガ…『ガンダム無双』って何だ!!

コーエーが開発協力しているということらしいが、無茶をするな。
モビルスーツを操って戦うのはいいとして、一体どんな攻撃方法になるのか。
肉弾戦ばかりということはありえないだろうし。
おぼろげな記憶を辿ったらGガンダムがそんな感じだったような気がしないでもないが。
ガンダムなんて『ガンダムW』しか見たことない。

そもそもウチにはまだPS3がないし、いくら無双シリーズが好きでも買う気は今の所ない。
とにかく今後の情報が気になる所ではある。
2006.12.22 逃亡
猫の隕鉄が逃亡した。

怪我をして以降一度も外出させなかったのが不満だったらしく、ここ数日間、折りを見ては外に出ようとよく玄関先をうろついていた隕鉄。
今日とうとう目を離した隙に自分で戸を開けて脱走してしまった。
怪我は治ってはいるが、牙は欠けたままどうにも出来ないらしいので、喧嘩になったら負けるのではなかろうか、それともまた事故に遭うかもしれない、と気が気ではなかった。

幸いなことに2時間ほどで帰って来たものの、手足や顔が妙に汚れていて、一体どこに入り込んできたものやら。
全身拭いてやらなければならなかった。

紐で繋いでおく方法もない訳ではないが、猫にそれはどうだろうか。
何にせよこれからはもっと気をつけないと。

2006.12.20 休載!
夕飯の買い出しのついでに本屋にダッシュしてUJ1月号を買う。

が、しかし、皇国が休載!
しかも体調不良のためって…!
何があったのですか伊藤先生。

1号でも早く復帰してほしいけど、無理もなさらないでいただきたい、という我が儘なジレンマ。
1日でも早い復調をお祈りしております。

それにしても、皇国のないUJをどうしたらよいのだろう。
ほとんど読む所が…。
付録のカレンダーに皇国があったのが救いだ。
ずっと2月のままにしてそう。

ちなみに、本当は昨日UJも買うつもりでいた。
結局1日日付を間違えていて買えなかったのは内緒の方向で。

2006.12.19 雑誌
久々に地元の大型書店へ行って雑誌を買って来た。
今更の「三国志マガジン」VOL.12と新潮社の新しい雑誌「yom yom(ヨムヨム)」vol.1。

「三国志マガジン」は言うまでもなく『アレ国志』目当てだが、「ヨムヨム」を買ったのは、『家守綺譚』が載っていたから。
「読み切り」となっていたので今度いつ読めるか分からないのと、もう続きはないと思っていたので狂喜しつつレジへ。

そして、文庫版の『家守綺譚』が出ているのにも初めて気付いた。
が、ハードカバー版と違う箇所があるかどうか確かめられなかったので見送り。
他にも先日ネットで買った本やもっと以前に買った本が積み本になっているのもその理由。

『家守綺譚』だけ読んだら、きっと他の作品は後回しだろう。

余談だが、私はコミックスは買ったら(特別な事情がない限り)すぐに読んでしまうのに、小説は何故か時間を置いてしまうことが多い。
それでも欲しい本は後から後から出て来るので積み本が出来てしまうという奇妙な事態に。

こんな行動を取ってしまうという人が私以外にもきっといると信じている(信じたい)。

2006.12.16 ふざけるな。
今更なことにFFXIIのシナリオアルティマニアを買ってきた。
絶賛プレイ中だが、すぐに行き詰まる妹のため。
代金を請求しようとしたら、お前もやれば折半で済むじゃん、と言い出した。
ふ ざ け る な 。
今は他にやることがあるし、やるとするなら腰を据えてやりたいので、今のところやるつもりはない。
却下した。

FFとは関係ないが、来月の大阪シティのパンフ前売りを注文した。
その頃には暇になっているだろうから。
前売りは今回が初めてのような気がするが、それにしても前売りは助かる。
いつもどうしても会場に着くのがぎりぎりになってしまうので。
これからもあると良いな、前売り。

今日も病院に連れて行った隕鉄、どうやら捻挫はほとんど治ったようだ。
膿んで毛が抜けた所も、かさぶたが出来て本人(猫)もさほど気にならなくなってきた様子。
その代わりにやたらと外に出たがるので困る。
獣医さんにも外出させないように言われたが、まだ本調子ではないので戸を開け閉めする度に必死で押し止どめている。
まあ、ありあまるほどの元気になって良かった。

それとは反対に大変な疑惑が持ち上がった。
なんと隕鉄がサナダムシを持っている可能性が。
怪我の治療が終わり次第駆除に入る予定だ。
それにしても、よりによってサナダムシとは…。
野良時代に拾ったのだろうか。

そういえば。
獣医さんによれば、サナダムシの名前の由来はあの真田親子の真田紐に似ているからというものらしい。
昔からまさかとは思っていたが、本当だったとは。
まったく真田一族にとって不名誉な命名であることよ。
ご愁傷様です(笑)。

2006.12.14 快方へ。
20061214022050
これで三日間連続で隕鉄を病院に連れて行った。
今日もまたこの後夜が明けたら連れて行かなければならない。
それでも、一応快方へと向かってはいるようだ。
餌を食べるようになったし、怪我した足を床に一切つけずに3本足歩行していたのが4本の足で駆け足するようにもなった(まだ引きずってはいるが)。

だが、新たな問題も出て来た。
それは怪我した右後ろ足に化膿したような部分ができたこと。
ある時ふと見たら、足の内側に一昨日にはなかった膿のようなものが。
少し楽に動かせるようになったのがよくなかったのか、患部をしきりと舐めてしまい、今は毛も皮もなく随分と痛々しい見た目になってしまった。
一緒に病院の診察室に入った母によれば、いつもと違う注射を打っていたという話なので、抗生物質か何かかもしれない。

とは言うものの、何をしても気が気ではないので、一日でも早い快癒を望む。

2006.12.11 病院行き!
エラいことになりました。

散歩から帰って来た隕鉄(猫)が何とびっこを引いていた。
他にも耳に新しい傷があるし、前足の爪がなくなっている所があるし、餌は食べないし。
今度こそは否応なしに動物病院行き。

ところが、無理やり連れて行ったはいいが、病院に着いた途端に粗相をしてしまった。
それが普段のおしっこと違ってもう臭いの臭くないのって。
上へ下への大騒動だった。

どうやら足は捻挫らしい(原因は事故の可能性が高い)が、初めての車や病院で興奮しすぎていてレントゲンは撮れず。
痛み止めだけを打った。

そのおかげか隕鉄は少し元気になったが、我々人間はいつまで経っても取れない臭いに苦しめられている。
特に車の中とケージの臭いが酷く、消臭剤を買ったのだが、早く何とかなってほしい。
もちろん私も同乗の家族も、来ていた服は帰ったら即洗濯。
それでも悪いことをした訳ではないから叱れないし、やり場のない怒りが沸いて来る。

明日もまた検査のために連れて行かなければならない。
大したことがなければいいと願うと同時に、もう粗相は勘弁してほしいと切に思う。

先日、不法侵入の黒猫と死闘を演じた末に無傷で勝利したかに思われた隕鉄。
あの後よくよく調べてみると、右耳の付け根にばりかかれたような傷を発見した。
傷が小さい上に毛に隠れていたので見落としていたらしい。
人間用のマキロンで消毒だけしたが、本人(猫)は毛繕いの時にも気にしている素振りはない。
大したことがなくて良かった。

縄張りの見回りのためか、今日も夜遅くになってから出掛けてきたようだ。
あまりに鳴きながらうろうろするので母が出してやったらしい。
1時間強で戻っては来たものの、また喧嘩したり事故に遭ったりするのも困るし、雨が上がった直後でもあるし、本当は出掛けて欲しくないのだが。
やはりオスだし、狭い家の中だけでは運動不足なのだろうか。

…あれ?
いつの間にか猫が暮らしの中心に…?
怖いな、猫の魔力。
2006.12.06 真昼の決闘
我が家で面倒を見ている猫(隕鉄)が、自分で戸を開けて入ってきたらしい黒猫と取っ組み合いの大乱闘を繰り広げた。
昼頃、玄関ですごい鳴き声がしたので見に行ったら、すでに隕鉄が飛び掛かった後だった。
戸を開けると黒猫が外へ逃げ、それを追って隕鉄も飛び出す。
向かいの家の庭で唸り声を上げながらの睨み合いが続き、また激しく取っ組み合い。
再び逃げ出した黒猫と追いかけた隕鉄を見失うが、向かいの家の裏手から回り込んだすぐ近くの空き家の庭で睨み合っているのを見つける。
そこでの激闘の後、黒猫が負けを認めたらしくゆっくりと引き姿を消した。
いくら呼んでも隕鉄はその場で座り込んで動かなかったので先に家に帰ることに。
その途中、乱闘の時飛び散っていた2匹の抜け毛が気になったので向かいの家の庭を見てみると、それほど大きくはないものの血溜り(!)が出来ているのを見つけた。
気になって隕鉄の所へ戻ったのだが、すでにどこかに行ってしまった後だった。

心配しながら待っていると、1時間ほど後に隕鉄が帰宅。
砂や埃を拭いてやろうとしたら、何箇所かに血が固まって付いていた。
しかし調べてみた所、どうやら毛が抜けた以外に傷はほとんどない様子で、ほっと胸を撫で下ろす。

と言うことは、あの血も血溜りも黒猫のものということになるのだが、喧嘩に懲りたと見て姿を見せないため怪我を確かめることも手当ても出来ない。
可哀想だがどうすることも出来ないようだ。
まあ、そもそも2匹もの面倒は見切れないのだが。
幸運を祈るしかあるまい。
2006.12.05 虹と再開
久々に虹を見た。
しかも弧の一部分だけではなく、アーチ型全部なんて何年ぶりだろうか。
足下にどんな宝があるのか探してみたいものだ。

全く関係ないが、何を思ってか妹が序盤で中断していたFFXIIのプレイを再開した。
パンネロを助けに行くところで行き詰まって止まっていたらしいが、進め方が分かり、ようやく楽しさも分かってきたと言うことだ。
今更と言えば今更だが、しばらくPS2を使っている場合ではないので、良いタイミングと言えなくもない。

代わりに私はこれもまた中断していた『どこでもいっしょ』のPSP版『レッツ学校』を再開。
暇な時にちょこちょこと進めている。
妹のクリアデータに戦国時代関係を上書きで強化中。
初代『どこいつ』はがっつり、『トロと休日』も触り程度プレイしたが、比べて『レッツ学校』の進化には感嘆の声が挙がる。
根を詰めてがしがしやるゲームではないが、短時間で区切りが付けられるのもいいし、なかなか楽しい。
本業の合間には丁度良いゲームだ。

2006.12.02 一安心
昨晩体調不良で我が家を壊滅的な混乱に追い込んだ猫、隕鉄はどうやら快方に向かっている模様。
餌を食べる量はまだ少ないものの、寝る時にぺたりとくっついてきたり、足の上に乗ってきたりと、全く近付こうとしなかった昨日に比べれば見た目にも具合が良さそうだ。
病院に連れて行くのはひとまず先送りにすることにした。

ほっと胸を撫で下ろした日だった。

2006.12.02 不安…
隕鉄(猫)が体調を崩した。

いつもは食べ物と見れば何にでも興味を示す食い意地の張った奴なのに、夕飯を無視。
珍しいこともあるものだと思っていたら、その後吐いた。
何度か落ち着いたと思ったら嘔吐、を繰り返した。
今は大人しく寝ているが一体何が原因なのか皆目見当も付かない。
我が家で動物を飼うなんて妹が物心付くか付かないかの頃以来だし、そもそも猫は飼ったことがないし、誰もが右往左往するばかり。
これはもう、朝になったら病院に連れて行くべきだろうな。
困った病気でないと良いのだが…。

ああ、不安だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。