上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.31 化猫
『モノノ怪』の前身である『化猫』(『怪~ayakashi~』内の)を観る。
さすがに今は買う余裕もないのでレンタルだが。

相変わらずの極彩色の世界(ってこっちのが先だ)。
気軽によく喋る薬売りの姿が何だかとても新鮮に見えた。
『モノノ怪』(座敷童)では気兼ねなく話せる相手がいなかったからだろうか。
そして、座敷童ではほんの一瞬だった薬売りの変貌はこういうことだったのね、と僅かながら垣間見え。

それにしても、げに恐ろしきは人間の所業よ。
モノノケなんかよりよほどえげつない生き物なのだと見せつけられて背筋が冷えた物語だった。
スポンサーサイト
2007.07.31 検討検討
少し時間があったので、自動車(もちろん中古)を探しにディーラー系の店に行ってみる。

ひと通り見て回って、目を付けた2台分の見積もりを出してもらった。
2台ともそこそこラゲッジスペースのある5ドアハッチバック(ミニバンなのか?)。
金額的にも状態的にもメーカー的にも妥当なところだと思う。
…けれども、私個人はもっと別な車がよかったりする。
自分一人が費用を工面して自分一人が乗るのなら趣味にも走れるが、運転するそれぞれが負担する共有車なので擦り合わせは必要。
しかも私が目を付ける車種は大概予算オーバーだし。

妥協しつつも主張して納得行くものを見付けなければ。
なにしろ大きな買い物だから。

また雑誌でもチェックして別の店にも行ってみよう。
2007.07.28 遠い
あー花火の打ち上げ音が聞こえてきた。そういえば長良川の花火大会って今日だったっけ。

と言っても私はこれから寝るところだけど。
夜勤始めてからもうずっと花火なんか見に行ってない。
厄払いの茅の輪くぐりも火渡りもすぐ近所でやってるのに行ってない。
だからろくな目に遭わないのかも。

嗚呼、花火の音が遠い。
すっかり梅雨も明けた様子。
それは結構だけれど、クーラーがもう本当に効かなくて困る。
昼日中には25℃の設定にするのに、その部屋にいて汗かいてるってのはありえないでしょう。
いい加減買い換えなければならない。

それなのに!
もっと深刻な問題が発生!
車がのっぴきならないほどの絶不調!

後ろのデフがイカれたせいで、4WDが解除されてFFになってるし、ハンドルを切ると負担のかかった前輪のデフが悲鳴を上げ、さらにエアコン入れるとキリキリと異音が。
おまけにタイヤも寿命を迎えてしまった。
絶対今年の車検通らない…!

修理費と車検整備費合わせると40万近くかかるけど、もうすでに13万キロ以上走ってるから元を取る前に多分潰れてしまう。
という訳で、車検の時期がやってくる秋までに買い換えなければならないことに(どうせ中古だけど)。
でもどうやって工面する気なの。
私になけなしの蓄えをはたけ、と…?

まったくツイてないどころの話じゃない。

…これでエアコンは絶望的。
北海道からたらこをお取り寄せ。
たらこをバラ子で1キロと辛子明太子を切り子で500グラム(取り寄せすぎ)。

タッパーを開けてかちかちに凍ったたらこを見た時には、さすがに1キロは多いと思ったけれど、4分の1ほど解凍して使い始めたら意外とすぐになくなりそうな気がしてきた。
いや、むしろ辛子明太子の500グラムって少なくない?くらいに思えてきた。
明太はまだ食べてないけど美味しいといいなあ。

という訳で、我が家はしばらくたらこ三昧ですぜ。
2007.07.24 極彩色の世界
新番組の『モノノ怪』、前作にあたる『怪~ayakashi』はどのテーマの話も観ていないので少し不安だったが、なかなか興味深い。

まず目を引くのはヴィジュアル。
原色とテクスチャ多用のビビッドな画面に、人物も演出も相当エキセントリック。
『岩窟王』でも同じようにテクスチャで絢爛な世界を描いていたが、使い方によってこんなにも違った表現になるのかと驚嘆しきり。

内容も「会話劇」と書かれていたのを見た時にはピンとこなかったが、実際に観たら何となく分かった。
所々に入る妙に長い間や薬売りの話し方のテンポ、繰り返し映る度に少しずつ変わる風景など、地味な演出なのに不安感がかき立てられる。
逆に後半の薬売りのアクション(とは少し違うか。呪符を扱うシーン)には痺れた。
前半の静かさあっての後半のスピード感か。

始めは何となく違和感というか居心地の悪さのようなものを感じたが、1話分見終わる頃にはそれがクセになる。
早く次回が観たい。

またひとつ楽しみなものが増えて嬉しい限り。
と言うか、薬売り格好良いよね(笑)。
録画しておいた番組を観る。
『そのとき歴史が動いた』、『風林火山』と新番組の『モノノ怪』。

『歴史が動いた』は先週観損ねた桶狭間の再放送分。
義元の名誉回復がねらいの一つだったらしいが、確かに今現在マロの権威はなきに等しい(マロとかいうあだ名で呼ばれている時点ですでにね・笑)。
これで皆さん少しは見直してあげられたのでしょうか。
もしだめでも猛将伝への参戦も決まったんだから、めげるなよ、義元(笑)。

『風林火山』はちょっと泣ける(泣きはしないが)。
先週の「両雄死す」から引き続き、板垣と甘利の死が重要な要素に。
(所々無茶な場面はあったものの)先週は2人の散り様に感動した。
特に千葉さんはあの殺陣のためのキャスティングだったのかと思う程。
今回は両氏とも化けて出ちゃったけど(ちょっと違う)、もう出番がないと思うと寂しい。
代わって活躍するだろう若手陣と、来週からもりもり出るっぽいGacktさんに期待。

あ、何だか長くなりそうなので続きは分けます。
2007.07.20 あえて
放送が遅れているこの地域でも、ようやく桐青戦が始まったおお振りアニメ。

来週には花井と迅が活躍しそうで今からすごく楽しみ。
まあ、迅の場合は出番はあっても正しい意味での活躍は出来ないのだが。

迅と言えば、予想外に可愛い声で驚いた。
もう少し脇役声だと思っていたので(失礼な)、お姉さんうっかりトキメキまくりですよ(笑)。
いや、元々好きだったけど。
有り体に言ってしまえば萌えてしまったということですよ。
もっと具体的に言ってしまえば、桐青は和準と島迅だということですよ(言っちゃったよこの人…)。
ベンチで和さんと会話する慎吾さんも原作より男前度アップで堪りませんでした。
ああ、早く利央とじゃれる迅が見たい。

ちなみに西浦ではタジハナ(大本命)とハマイズ(最近開眼)。
ちなみにアベミハはデフォルトです。

本当は、おお振りだけはずっとこういう視点なしに楽しみたかったのだけど、一度目覚めてしまうと抜け出すのは難しく、目下のところタジハナにハマり中。
とにかく田島が可愛くて可愛くて仕方ない毎日。
と言っても、この2人が(と言うか皆が)仲良くしていてくれるならCPでなくとも構わないというのが本音かもしれない。
だってみんな一生懸命で可愛すぎるんだもの。
第一、あちこちで出来上がってばかりいる部というのも何だかねえ。
それでもあえてCPに持っていくのはタジハナくらいなもの。

なんにせよ、今は皆に頑張ってほしいということで。

2007.07.18 呑気な奴
20070718014238
腕の傷も腫れが大分引いてきて、取りあえず切開は免れたようで胸をなで下ろす。

画像は、「ロバートの3人が様々な肉球を触りに行く」という深夜番組を見て、自分も猫の肉球を触りたくなったので探しに行ったら、台所の隅の段ボールにハマってた様子。
最近はこの箱がお気に入りらしく時折入っているのを見掛けるが、こんなに見事にハマっているのは珍しい。
猫はどうしてああいった狭い処が好きなのだろう。
人の手をえらいことにしておいて呑気なものだと思いつつ、寝ている隕鉄の肉球を触り逃げした深夜。

2007.07.14 開幕
夏の全国高等学校野球選手権大会愛知大会が開幕(雨だけど関係ない…よね、多分)。
あいにく母校は私が学生だった頃からずっと弱小だけれど。
各々精一杯頑張って下さい。

そういえば、(放送が遅れているこの地域では)おお振りも丁度夏の大会が始まったところ。
大会とか練習とか、ずっと文化部だった私には縁遠い話で、おお振りを見てるとOPで息を切らしている球児たちを見るだけでちょっとした感動を覚える。
無茶苦茶頑張ってるニシウラーゼに絶対勝ってほしいのは当然のなのだが、無理を承知で言えば、本当は西浦にも桐青にも誰にも負けてほしくない。
原作で決着が付いた今でもそう思えるって本当に稀有な、心から面白いと思える作品だとあらためて実感する。
まあ、おお振りについては引かれること確実な程、とめどなく言いたいことが出て来るので自重します(笑)。

関係ないけど、昨日の怪我のために抗生物質をもらってきた。
しかも破傷風の注射まで打たれた。
注射もごっさ久しぶりだ。
そしてバイトは代わりがいないので行くことに。
なるべく行くなって医者に言われたのにな…。
ツイてねえ(やさぐれ中)。
2007.07.13 微グロ画像
20070713172049
猫の隕鉄にやられました…!

玄関先に隕鉄を出していたら、以前に喧嘩した相手の灰色猫がまた来てにらみ合い一触即発。
灰色を追い払って隕鉄を家に入れようとしたところ、興奮した隕鉄に飛び掛かられてガブリ、と。

4本の牙と爪による裂傷多数。
直後、あまりの痛さに気持ち悪くなった(貧血?)。
こんな怪我一体何年ぶりだよ、と言う規模。
一番深い傷は腕の裏表にガッチリ2本ずつ牙で穴が開いた奴。
ちなみに牙でえぐれた周りはすでに内出血で青黒く変色していたり(ホントのグロ画像になるので見せられない)。
果たして明日、キッチンの仕事が出来るかどうか甚だ心許無し。

飼い犬に手を噛まれるとはよく言うけど、飼い猫に手を噛まれてちょっと凹みました。

ついに恐れていたことが起こった。
我が家に猫が住み着いて早半年以上。
今までそれが起こらなかったのが逆に不思議だったのかもしれない。

暑くなってきたここひと月ほど、天気の良い日にはハーネスに5m位のロープを付けて猫を玄関に繋いでいる。
そうすると隕鉄は大抵の場合、玄関前に立て掛けたよしずの陰で寝ている。
今日もそうしておとなしく寝ているはずだったのに、昼頃になって突然部屋の中まで駆け込んできた。
他の猫でも来たのかと思いながら近寄ってみると、
「どうしたどうし…た…?」
口から何となく見覚えのある尻尾が見えていた。
「うわあっ!」
声に驚いたのか咥えていたモノを落とす隕鉄。
部屋の隅に逃げるトカゲ。
「「ぎゃああァァァ!」」
妹とハモった。

かさかさ這い回るトカゲだが、もうすでに隕鉄は興味を失ったらしく自分の餌を食べ始める。
我々はぎゃあぎゃあ言いながら逃げ回る。

箒で掃き出そうと試みるが、家具の隙間に入って出てこないトカゲ。
「お前が捕って来たんだからお前がなんとかしろォ!」叫ぶ人間。
余裕の顔で部屋から出て玄関に寝そべる猫。
阿鼻叫喚の地獄絵図。

しばらくして隙間から出てきたトカゲを箒で何とかビニール袋に追い込み、外に放つ。
「勝った!俺達はこの闘いに勝った!」
満足しながら汗だくのままですっかり冷めてしまった昼食を食べ始める我々であった。

あいつにも狩猟本能があったんだ。
日がな一日寝ている猫でも油断してはいけない。
と言う教訓。
2007.07.08 新顔
20070708220759
今日我が家に新しいマウスがやってきた。

今まで使っていたマウスが不調をきたし始めてから数週間。
とうとうほとんど全てのクリックがダブルクリックになるにおよんで、新しく買うことを決意いたしました。
冷却ジェルパッドも買ったばかりだし、扇風機も買い換えたし、microSDカードも買ってしまったし、もはやマウス一つと言えど馬鹿にならないフトコロ事情。
しかもエアコンも不調だし(クーラーが効かない!)。
なんでこうも重なるのか。
何か罰が当たりそうなことをしたかと問われれば、心当たりは満載ですが。

ともあれ、これで快適なネット環境に前進だ。
だからと言って無駄な物買わないように気を付けなければ。

2007.07.03 ついに!
有史以来3冊目!(自分調べ)
…の、小十郎の名を冠した本『片倉小十郎景綱 伊達政宗を奥州の覇者にした補佐役』(近衛龍春著)がとうとう届きました!

うっかり予約商品と一緒に注文してしまったために今頃になって届いた訳ですが(過去の自分の莫迦!)、読むのが楽しみ。
何でもいいから新しい事実とかあると嬉しい。

それにしても、正直なところ今更感の強いこの武将チョイス。
やはり某ゲームの人気が影響していたりするのだろうか。
まあ、小十郎好きには願ったり叶ったりなんだけど(笑)。

『片倉小十郎景綱』(庄司一郎)は今の所国会図書館しか所蔵を確認していないので大変借りにくい状況。
(地元にあったらいいのだが、いかんせん古くて望み薄)
こうなったらもう一刻も早く『伊達政宗と片倉小十郎』(飯田勝彦)を復刊するしかない!
復刊ドットコムさん、交渉くれぐれもお願い致します。

…ってこんなことを言ってるからバイト先で引かれるんだよな…。
立派なハウスですが、何か?
もうすでに限界この暑さ。
と言う訳で買ってしまいました、『朝まで冷却ジェルパッド』。
高かった…NASAの冷感敷きパッドより高かった…。
だからハーフサイズ。
どうせベッド全面使わないし、丁度いいかと思って。
それでも貧乏人には辛い高さだけれども背に腹は代えられないので、例の舞台から飛び下りてみました。

実際寝苦しさは軽減されていると思う。
気温や湿度の低さのせいではない(と思いたい)。
すごいなあ文明の利器って奴は。

この夏はこれで乗り切れる!…ことを希望!

(エアコン買えば早い話だけど、容量足りなくて付けられないんだウチには)
電気代も節約ってことで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。