上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.29 HP回復?
20070929204022
先日、限定版ポーションが届きました(写真)。

本当は、同梱の本は気になるけど買うのは無理、と思っていた(何しろ値段が)。
ところが、新羅製ポーションの瓶が欲しい、と妹が言い出したので折半で買うことになった訳です。

肝心のポーション、瓶は格好良いけど立てられないので飾ることも出来ずに結局箱の中という罠。
青い中身は見た目には綺麗だけど、本当にHP回復出来るのか(不味くて瀕死になっても困る)。

そして本は思ったより大きくてA4くらいある(せいぜいB5くらいかと思ってた)。
多分外箱が無駄に大きいのはこの本のせい。
いっそハードカバーにしてくれた方が保管もしやすくて良かったのに(値段も値段なんだし)。
ちなみに、ネタバレがあると凹むのでしばらくは開きません(笑)。

炭酸入りになるらしい第2弾、イラスト缶が気になるのでまた買ってしまうかもしれない自分が怖い。
…まんまとスクエニの策略にハマッてるなあ…。

スポンサーサイト
2007.09.27 決着
とうとうアニ振りでも桐青戦が終わってしまった…(放送遅れてる地域に住んでいるので)

1年以上前から結果は知っていたし、原作ももう何回読んだか分からないくらい読んでいるから大丈夫だと思っていたのに、ちょっと泣けた。
アウトの宣告の後、一瞬間を置いて崩れた迅の表情とか、控え室で泣く和さんとか肩を震わせる慎吾さんとか部員の皆を見てたら堪え切れなくなった。
さらに、エンディングの「ありがとう」がまた桐青ソングで、追い討ちをかけられてどうしようもなくなってしまった。
あの曲が桐青っぽいというのは以前から思っていたけど今回は特に(だからなのか、最近所謂セツナチューン的な曲に弱い)。

桐青のことばかり言っているけど、もちろん西浦おめでとうの気持ちも存分に持ち合わせております。
無理なことだけど、どっちにも負けてほしくないと思っていたくらい。
だってアイツらみんな頑張ってんだもん!

見ている時(読んでいる時)は本当に純粋な気持ちで球児達を応援していられる良い試合だった。
(ただ見終わった後にはヨコシマな妄想が浮かんでいたりして、球児達には大変申し訳ない)

何はともあれ、西浦・桐青の皆、お疲れ様でした!

2007.09.26 届いた!
『殿といっしょ』がついに届きましたよ!
表紙裏表紙が伊達家で密かに嬉しいわたくし。

それにしても、最初の方はすでにそこはかとなく懐かしいくらいだ(あの雑誌がなくなったのは返す返すも惜しい)。
氏真とか信玄とか性格変わってるような気がする。
そしてやっぱりこの幸村は今まで見た幸村の中で一番好き(お兄ちゃんは可哀想だけど)。
と言うか、政宗は最初から眼帯絡みのネタだしさあ…どれだけガンターなの、あの人…。

でも、これだけまとめて読むとちょっと疲れるくらいの充実感がある(笑)。
ただ残念なのは毎回ハシラにある人物紹介がないこと。
あれも結構好きなのに。
まあ、あれは雑誌を読んでる人の楽しみ、と言うことか。

最後に霜月先生の政宗が載っていたのには笑った。
だって変態ギリギリだし(アウトの方で)。
そういえば『BRAVE10』2巻の『殿といっしょ』出張版も嬉しかった。
もうずっと載っていればいいのに(笑)。
そして霜月先生の同人容認発言には嬉しいやら哀しいやら複雑な気分。
いいんですか?そんなこと仰ってると本当にやりますよ?
…六郎あたりで(ぶっちゃけた!)。

奥州王の活躍も楽しみです、はい。
2007.09.26 復活
20070926082053
猫のギプスとカラーが取れました。
せっせと毛繕いにいそしんでおりました。
相変わらずの箱好きです。

良かった良かった。
2007.09.22 CC
クライシスコア、とりあえずジェネシス戦まで終了(再戦の可能性はあるか否か)。

1周目は攻略を一切見ないでプレイすることにしているので通り過ぎたサブイベントもあるかもしれないが、プレイ時間が20時間弱でレベル28というのは順当なのかそうでないのか。
レベルアップは運任せな訳だけど、少々無駄な行動が多すぎる気が。
同じ場所をうろうろしたり、マテリア合成に手間取ったりと、時間ばかりが過ぎていく…。
でも面白くてやめ時が難しいと言うか、バイトなんかサボって続きをやりたいと言うか。
いや、口実とかじゃなくて。

それはいいとして、問題はザックスですよ、奥さん!(奥さんて)
時々「もう、何なのこの子!」と言いたくなるくらい可愛い時があるんですけど…!
それは例えば、普段はこちらを無視しているウチの猫が、急ににゃあにゃあ鳴いてすり寄って来たり、絶妙な格好で爆睡しているのを見た瞬間の感情に似ている…気がする。
まあ、ザックスは猫ではなく仔犬だけど、かいぐりかいぐりしたくなる(イタイ人か私は)。
いやあ、アンジールじゃなくても可愛がりたくなるって、あれは。

VII本編やACでのイメージがかなり変わってしまったが、その可愛さを今のうちに味わっておこうと思う。
多分、この先進めば楽しいばかりではいられないだろうから。
最後がどうなるのか分かっているというのも切ないもので、「VII本編がなかったら良かったのに」とは妹の談。
だけど本編がなければクライシスコアもなかったという矛盾。
救いのない結末ではないと仰っていた言葉を信じてプレイしたい。
やっぱりゲーム自体は相当楽しいので。
2007.09.20 悩む…
今日初めて知ったのだけど、『BRAVE10』のドラマCDが出るそうで。
しかも六郎も出るという。
スルーするつもりだったのに、六郎が出るなんて…なんだよ、悩むじゃないかよ。
と言うか、ちょっと聞きたいとか思ってる自分がイタい。
才蔵役がM川さんっていうのも気になるし。

発売までにはまだ日があるし、ショートストーリーを聞いてみてから考えるのもアリ、か。
直しておきました、勘違いを。

それと同時に「HTMLの小人さん」というCGIをサーバに設置してみた。
小説ページの編集用CGIなのだが、実際に使えるようになるまで30分以上かかってしまった。
情けないことに、HTMLだのCGIだのに関しては初心者もいいところで、我ながら、付け焼き刃で今までよくやってきたと思うくらい。
だから、サイトのあらゆるページに無駄なタグが潜んでいるのは分かっているのに、弄ったら失敗した時に直せなくなりそうで大部分が手付かずだし、ましてや権限の変更なんて今回初めてした。
少しずつでも勉強した方がいいとしみじみ思ったりなんかして。
2007.09.19 勘違い誕生日
今日は我らが真柴迅くんの誕生日と言うことで、勢い余ってつい先程サイトに別館を作ってみました。
((一部地域では)決着の付いてしまった今更というツッコミは甘んじて受ける所存)
もちろん島迅で。
まだ何も置いてはいませんが(駄目だろそれ)。

それはいいとして(あんまり良くない)、実は迅の誕生日を一日間違えていて「今日が真ん中バースデイ」とかいう薄ら寒いことを思っていたりなんかしたりして、さらに別館のトップにその勘違いを晒していたりして。
恥ずかしすぎるので後で直しておきます、絶対に。
誰も見ていないと思うので、それはまあつまり誰も気付いていないということでしょうが。
一応自己申告を。

何はともあれ、誕生日おめでとう、迅。
2007.09.18 待ち遠しい!
待ちに待っていた『殿といっしょ』のコミックス化!

いやあ、ここまで長かった…。
戦国マガジンから始まり、雑誌休刊の後フラッパーへ移動になったけれど、あのまま終わってしまわなくて良かったとしみじみ思う。
フラッパーになってからは雑誌が見つからずにちょいちょい未読の回もあるので、まとめて読めるのは本当に嬉しい。
もちろん予約しておきました。
同日に発売の『BRAVE10』2巻といっしょに。

『BRAVE10』は個人的に、ヒロイン(?)の性格と無駄なお色気がもう少しなんとかなればもっと面白いのに、と思う。
イサナミは正直苦手なタイプ。
まあ、海野六郎にはそれを補って余りあるくらいきゅんきゅんきますが(きも)。
あと気になるのは、奥州王(らしき人)の出番と『殿といっしょ』出張版があるかどうか。

とにかく発売日が待ち遠しい。
眼帯!眼帯!(眼帯コール)
2007.09.15 結局
クライシスコア買っちゃった(えへ)(キモい)

慣れない操作感に戸惑い気味だけど、想像以上に面白い。
と言うか、映像が綺麗。
サイトで動画見た時に、こんなの携帯ゲーム機で出来るのかよ、とか思っていてごめんなさい。
PSPってすげえ。
まったく信じられない!
おお振り後半見損ねた!
今まで1回も見逃さなかったのに!
録り逃さなかったのに!

今回もちゃんと予約したはずなのに。
延長するような番組はなかったはずなのに。
放送時間がずれていたのは多分某首相の退陣発言のせいではなかろうか。
夜勤じゃなかったら対応のしようもあったのだが、よりによってなんで今日なのか(色々な意味で!)。
試合も大詰めだっていうのに、こんな時に見逃すなんて信じられない。
安倍のせいで阿部を見逃すなんて洒落にもならねえよホント。

済んでんでしまったことは仕方ない。
どこかで動画探してくるしかないか…。
やっぱり無双は面白い。

ほとんど手を付けていなかった『戦国無双2猛将伝』を、届いてから3週間経った今更になってがっつりプレイ中。
一旦始めるとなかなか終われなくて、調子に乗って遊びすぎてしまう。
夜勤連荘中なのに、寝不足続きの罠。
睡眠時間削ってゲームやるなんて男子中学生か。

…ほんとばかじゃないのわたし。
2007.09.05 片翼の天使
13日発売のFFVII‐CC(クライシスコア)、ごっさ欲しい。

買おうかどうしようか悩んでいたけど、今さっきトレーラーを見たせいで「買う」の方へ思いっ切り傾いた。
セフィロスやっぱり格好良いな!
Gacktさんの出番は思ったより多そうだし。
でも、実はFFVII‐DC(ダージュオブケルベロス)のGacktさんはアイテム取り損ねて見てなかったり。
支障はないと思うけど、見ておいた方がいいのだろうか(と言うか、見たい)。

戦国2猛将伝もろくにプレイ出来てないのに、CCなんて買って出来るのか…
甚だ疑問だけれど、多分そのうち買ってると思います、はい。
なんでこんなことになったのか自分でも分かりません。
とんでもなく萌えてます、おお振りの島迅に。

CPに関して、人に影響を受けることが少ない私は、だから大抵の場合史実(原作)に忠実な路線が多い訳です。
そんな私がとある1冊の本によって島迅に落ちてしまいました。
今では慎吾の隣りには迅が、迅の隣りには慎吾がいないと不自然なような気すらしてきました。
無理繰り行った2日のインテックスでもひたすら島迅を探していました。
それで痛感したのは島迅がイバラだということ。
いえ、知っていました、オンラインでも少ないということは。
それでも、実際に1万以上のサークルさんが並んでいる中で片手にも足りない島迅スペースを目の当たりにして、切なかったのです。

おかげで自分の脳内に壮大な島迅サーガが出来上がりつつあります。
昔から供給が少ないとより妄想が加速する質の人間です。
足りない分を自家発電、的な。
逆に、過剰に供給されると、それで満足してしまって妄想が広がりにくくなります。
現在のBASARA小政がそれに近い状態で、探せば素敵な小政が山のように見つかるおかげで脳内の病的な世界が拡大を止めています。
(BASARAに限ってなら)萌え度合は小政の方が強いけれど、妄想具合は佐幸の方が上という複雑な状態です。

閑話休題。
リアルタイムでアニメとか見られるのがいけないのでしょうか。
萌えすぎで1ミリでも多くの島迅が欲しいです。
むしろ萌え足りないです。
タイミング良くもうすぐ2人の誕生日です。
…そんなこんなで、万が一島迅を形にしちゃったりしてもお許しください。

島迅島迅って言い過ぎできもい、私。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。