FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.21 (※)のこと
しばらく立ち直れない、とか言った後、地下に潜っていた私ですが。
立ち直れない原因は最初とんでもなくくだらないことでした。

何かと言えば、忍たまの再放送が17期じゃなかったこと。

…阿呆ですね!

ですが、あの後本当に凹むことが起こりました。
こんな所で言うのもなんなんですが、祖母が他界しました。
それまであまり交流がなかったとはいえ、健在だった唯一の祖父母との別れだったので、言葉にしがたいものがありました。
同時に、自分の中で致命的に決定的な何かが欠けているのを目の当たりにして、若干途方にくれてもいました。

お察しの通り、16期DVDと46巻ですっかり立ち直っておりますが、それがまた自分のどうしようもなさを自覚させるというループ。
ないものが変えられるはずもなく、どうしたって死ぬまで付き合っていかなきゃならない己というものと思いがけなく向き合うことになりました。

何てことを小難しく書きましたが、結局は「ホントにどうしようもねえなあコイツ」と改めて思っただけです。
いつものことだよね(笑)。
スポンサーサイト
らくらん46巻、素晴らしい!

いきなりハイテンションですみません。
立ち直れない(※)、の次がこれですみません。

それもこれも46巻のあまりの素晴らしさがいけないんだと思います。
個人的には44巻以来の神巻です。
主に双忍的な意味で。
三郎が好きです。
雷蔵が好きです。
三郎が大好きです。
(大事なことなので重ねました)

4コマ漫画にまで取り上げてもらってよかったね、八左ヱ門。
三郎に押し退けられちゃう久々知かわいそう(笑)。
次巻もっと活躍しそうなかんえもん(漢字覚えてない)に期待が膨らみます。
何て言うかもう、5年生が大好きです。

そして、雑渡さんと諸泉くんの出番の多さに感激を禁じ得ません。
諸泉くんの青臭い自尊心の高さとか、眩しいです、もう。
伏木蔵は雑渡さんに懐きすぎで可愛いことこの上ないです。

ラストの長次が恰好良すぎるんですけど!
どうしたらいいんですかこれ(どうもこうも)。
惚れてまうやろ!
いや、もう十分惚れてますが。
長次いい男説は本当だったと身に染みました。
(多分何ヶ月か前にそんなことを言ってました、私が)

上級生てんこもりで、終始にやにやしっぱなしです。
しかも、(最近自分の中で株が急上昇中の)3年生まで活躍してて、尼子先生は私の心が読めるのかと思うくらいです。

他にも山ほど言いたいことはあるんですが、あまりに気持ち悪いのでこの辺りでやめておきます。
あ、もう手遅れですか。

とにかく1冊丸々ハァハァしっぱなしでした(良い子の為の漫画で何を)。
というか、尼子騒兵衛先生は間違いなくあれですね、ネ申 ですね。
今更ですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。