FC2ブログ
2007.10.02 新しいのを!
観てきましたよ、『新劇場版ヱヴァンゲリヲン:序』を!

公開からひとつき経ってるせいか、映画の日なのに人は少なかった(ただ単に平日の昼間だったからかも)
私ももっと早く観に行きたかったのに、諸々の事情で今日に、と言うか昨日になってしまった。

でも!観に行って良かった!

テレビ版とそんなに変わらないんじゃないかと思っていたけど、かなり新しくなっていた。
前半は確かに総集編っぽいんだけど、後半(第6使徒のくだり)では、多分このための1作目だったのでは?と思うくらい。
他にも伏線が張られていたり、音楽が新しくなっていたり、戦闘シーンも全体的に劇場用になった印象。
それを映画館で観るとさすがに迫力が違う。
首の後ろ辺りがざわざわした。
10年振りの衝撃、とでも言いましょうか。
…なんて言ってるけど、数か月前にDVD買って全話見直したばかりなんだけどね。

テレビ版を観てない人がいきなり劇場版を観ても面白いことは面白いだろうけど、ある種のトラウマになるかもしれない。
単なるロボットモノだと油断してると痛い目に会うよね、あのロボットにあるまじき生臭さには(何しろあの大画面だから余計に)。
まさに10年前の私みたいに(笑)。
…えー、モロにエヴァ世代ですが、何か?

そして、そんな世代の我々にとてつもない衝撃を与えて去って行ったあの男がラストにご登場ですよ!!
…って、もう出ちゃうの!?(正直な感想)(笑)
事前に登場することは知っていたし、むしろ半分くらいは彼を観に行くつもりでいたんだけど…。
2時間あった話を最後の最後、数十秒で持って行ってしまったよ、ヤツは。
さっすが、テレビ版において半年放送していた物語をたった1話で全部持っていった前歴を持つ男だけあるわ…。
本当の話、あまりに感情が昂ぶりすぎて少し涙出た。
手も若干震えるし(危ない人だなあ…)。
エンディング見ながら隣りにいた妹と2人で「怖えー」「あの男マジ怖ぇよー」を連発していた。
人間思い入れが強すぎると咄嗟のことに狼狽してしまうのだと知りました。

そんな感じでよろよろしながら帰って来たけど、機会があればまた観たい。
もっと映画館が名古屋駅から近ければ(遠いよ109!)、と言うか地元でもやって下さいよ。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tatsuta.blog68.fc2.com/tb.php/320-4b763a65