FC2ブログ
2007.11.27 『しゃばけ』
録画しておいた実写版『しゃばけ』を観る。
全体的に思っていたより良い出来で胸を撫で下ろした。

が、やはり不満は色々と。
一番は『ぬしさまへ』のネタバレ。
あれはマズい。
もしこれから原作を読もうという人がいるなら大打撃。
特にあの一瞬肝が冷える感じは味わえまい。
『しゃばけ』の範囲内で納めておいた方が良かったんじゃないかと思う。

それから、若だんなと仁吉・佐助の初顔合わせの場面。
2人がすでに大人でがっくりきた。
原作通りにするとなると最低3人役者を増やさなければならないのは分かるが、あれじゃあ2人ともひょっこりやって来て、しかも人型の姿が年を取ってないみたいだ。
あのシーンはホント…極端に無念。

それから、不満とは全く別の話だが、突き飛ばされて失神するというシリーズ中もっとも情けない姿がばっちり映像化されていた仁吉が可哀想になった。
いやいや褒めてるんですよ、よくやってくれました、と(笑)。
絶対あの失態は先々まで佐助にことあるごとに言われ続けるに違いない(いつもは仁吉が言う方だろうにね!)。
たまに間が抜けてるところがいいんだあの妖たちは。
と言うか、改めて思った。
私、仁吉が大好きです(にっこり)。

第2弾もあるっぽいけど、別にやらなくてもいいのでは。
せっかく今回それなりにまとまっているのに、続けたせいでボロが出たら原作ファンとしてはやり切れないから。

ああ、原作読みたくなってきた(原作一番!)。
この機会に何冊か積み本になってる畠中さんの本も読もう。

てか、積み本が多過ぎなんだよ自分。
誰か上手な時間の使い方を教えて下さい。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tatsuta.blog68.fc2.com/tb.php/340-fdaed190