FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.20 古都にて
20090320204009
知らぬ間に歳を取っていました。
どれだけ無意識に生きてるの自分。
家族全員忘れてたしさ。

そして、歳を取った次の日から一泊で京都に行って来ました。
今回は基本の基本。
東寺と夜の清水寺界隈、三十三間堂です。

東山花灯路は2年越しのリベンジだったり。
前はとにかく時間がなくて大失敗だったからなあ。
今回は宿も(多少遠かったけど)清水寺徒歩圏内に取ったし、ばっちりでした。
おかげで余計な土産が増えたのは計算外だったけれども(笑)。
清水寺ではご本尊と坂上田村麻呂像の特別開帳もやってました。
夜なのにあえての胎内巡りにも突撃。
夜なので太陽の光のありがたみは実感できませんでしたが(…)。

東寺の立体曼陀羅は参拝料を払った甲斐があったというもの。
ガイドブックで期待は高かったけど、それ以上。
五重塔の一層目にも入れたしね。
こういう言い方はどうかと思うが、正直がっかりの場合もあるので本当によかった。

三十三間堂はただただ圧巻としか。
あそこって、先に進むにつれて観音様に目が行かなくなるんですね(笑)。
気が付けば手前に列んだ二十八部衆とその説明を追うので一杯一杯になってたよ。

その後は、ふたばの豆餅を買うために京都駅に戻ったはいいが、荷物が届くまでに時間があったので予定外の風俗博物館(西本願寺近くにあるB級スポットで有名な所)へ。

それぞれの時代の衣装が展示してあるはずだったのに、いつの間にか源氏物語に特化した内容に変わってた。
六条邸(一部分)の1/4スケールジオラマで広くない展示室が一杯一杯ですた…。
でも、実際着られる直垂(?)とかも置いてあって、予想以上に楽しんでしまいました(B級スポットなのに)。
しかも我々以外にもちょいちょい客が来ていて驚きました(B級スポットなのに)。

宿の床がみしみし軋むのと修学旅行生が欝陶しかった以外は、全体的に楽しい旅行でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tatsuta.blog68.fc2.com/tb.php/429-cfa257e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。