FC2ブログ
2006.08.12 原作を!
勢い余って『皇国の守護者』原作を読み始める。

やっぱり好きだ、新城直衛!
まだ1巻を読み終わった所だが、好きな場面が多すぎる。
好きな台詞も多すぎる。
でも、新城は原作では凶相ということになっていた。
好きなんだけどな、あの顔…凶相って…。

と言うか、に、西田…ッ!?
あなた一体どうしたの!?(どうしたのって)
あの(ある意味での)扱いの良さは漫画版だけだったのか。

西田のことも含めて、原作と漫画は思った以上に随分と違う。
冒頭から天狼会戦後までが特に独自の解釈で描かれていて、ある意味読者に親切。
原作にはない場面でも、世界観が壊されていないのが素晴らしい。
むしろ、それぞれのキャラへの愛着が倍増。
作画が伊藤先生で良かったと心底思った。

ちなみに私は原作を読むまで千早のことを当たり前のようにオスだと思っていたのだが…漫画版に書いてあった記憶がない。
言われてみれば「千早」という名前は確かにメスっぽいかもしれないが、私は疑いもしなかった。
むしろ、オスに「千早」って名前は格好良い、とまで思っていた。
知らないというのは怖いことだ。

そういえば本屋の店頭で初めて気が付いたのだが、原作8巻の挿画が平野耕太!(思わず呼び捨て)
まさか、今現在の個人的2大「滾る漫画」(先日の記事参照)の両方に平野先生が関わっていたとは。
偶然って凄い。

そして、調子に乗って主張に同盟のバナーをぺたり。
小心者なので参加表明はしていないが。
あー、猫可愛い。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://tatsuta.blog68.fc2.com/tb.php/75-f0f34941